年子育児で一番しんどいと感じること3つ

年子育児中、また2歳差育児のお母さんお父さん、本当に毎日お疲れ様です!

0歳(現在11カ月)と2歳の年子姉妹子育て中のかめです。

今日は年子育児あるあるを記事にしようかなと思います。年子も2歳差もそう変わらないですよね。全ての育児中の皆さんを尊敬です!

年子育児でしんどいこと1自分の時間が取れない

いろいろストレスに感じることはありますが、これが私にとって一番ストレスかもです。以前よりもブログ更新ペースがめっきり減ってしまった(泣)ブログ好きなのに!

1人預けても……なんと、なんとまだもう1人いる!ガーン!笑

今このブログは上の子を実家に泊まらせ、下の子を寝かしつけた後に書いています。

上の子を託児やら実家に預けて、下の子が寝ている最中が一番時間が取れるんですが、その時間はほとんど私の睡眠時間となります…。下の子も夜よく泣いてなかなか寝れない日も多くありました。

なので、これ読んでいらっしゃる方で、今下の子妊娠中の人もいるかもしれませんが、自分の時間はほとんどとれないことを覚悟しておいた方がいいです。

特に実家を頼れない人は上の子を預けたりできないとかなりしんどいのではないでしょうか…。

2人同時に預けるとなんとか時間が取れますが…2人なんとか預けてボランティア活動したりしましたが、それも結構大変でした。

最近ようやく下の子が夜落ち着いて寝てくれるようになり、ちょっと体力的に昼間活動しやすいです。夜泣きがあると、昼間も眠たいし、なんだか欝々としてしまうんですよね。やっぱり夜泣きがある場合、夜泣きをできるだけ楽にすることが育児が楽になる秘訣です。

今後下の子が寝るようになってくれるので、少しずつ自分の時間が増えるかなと楽しみにしています。

年子育児でしんどいこと2寝かしつけが大変

これみんな、本当にどーしてるんでしょう!!一日の中の一番気合いの入るイベントがやっぱり寝かしつけです。

下の子は寝ぐずりで大泣き、上の子はふざけて飛び乗ってくる…泣

下の子を添い乳で寝かせつける間に割り込んでくる上の子!!笑 下の子を添い乳で寝かせつけているのでかなり上の子を我慢させているなぁと思いつつ大変なこの時間です。

主人が早く帰ってきても、2人は母がいいみたいで、この時間がとてもカオスです。3歳くらいになったら母なしで2人で仲良く寝てもらいたい!甘いかな?

年子育児でしんどいこと3上の子による下の子へのとめどないいじめ

自分の子の場合の話ですが…下の子へのいじめがめっちゃひどい!

叩く!足で手を踏みつける!物で頭をがんがんぶち叩く!のしかかる!つかまり立ちをしている下の子を後ろにてやーっと投げつける…泣

何度「ちょっとやめて!」とやめさせたことか・・・。

これが本当にびっくりするほど毎日毎時とめどなくって!児童館の先生に「これって普通ですか?」と聞いたところ、「フツーだよ、うんフツー」と言われて安心したり。

次女の妊娠中に人形を買ってきて、長女によしよしすることを覚えさせたりとかしてみたけど、そんなものは見事に無駄だったぜ。

多分いつも抱っこされてる次女がムカつくんでしょう。可愛いから守られちゃう感じがムカつくんでしょう。いやーほんとに子どもは面倒ですね。悲しい気持ちになるし。

「言えば言うほどやるようになる」ということを聞いていて、できるだけ過剰に反応しないようにしながら、次女を可愛がっている時だけ、「可愛がってくれて嬉しいな♪」というようにしています。

そう、可愛がっている時や遊んでくれてる時もある♪次女が先に寝ちゃった後、「よしよしするー!!」って言って、頭をそーっとよしよししに行きます(内心ハラハラ笑)。そういう可愛いこともする!

心配しなくても、いつか2人楽しく遊ぶ時が多くなっていくんだろうな。

今は大変に感じるときが多いですが、まぁもうこんな大変な日々は来ないだろうと思い自分で自分を励ましています。2人の成長を楽しみにいろいろチャレンジさせていこうと思います。

今日は年子育児しんどく感じることを綴ってみました~今大変な思いをしているお父さんお母さんたちが、少しずつ楽になっていきますように!♪

関連記事
育児中に自分の時間を作るとっておきの方法8選
子どもを産むと女は変わることを体感中!

読んで頂きありがとうございました。

今後もブログの情報を受け取りたい方は、是非へるしぃどんどこらいふのfacebookページにいいね!を頂けると嬉しく思います。更新情報が受け取れます。

この記事を書いている人のプロフィールはこちら→プロフィール

育児・健康のお役立ち情報満載!
(特に夜泣き改善・西原式育児・おまけ役立ち集・岐阜の身体に優しいスポット)
へるしぃどんどこらいふの目次はこちら

スポンサーリンク
アドセンス広告大




アドセンス広告大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする