子どもを産むと女は変わることを体感中!

こんにちは!

次女を産んで5か月経とうとしています。毎日バタバタすぎて、やっとブログを書こうという気になりました。かめです。

子どもを産んだら女は変わると聞いていました。
今身を持って実感しています。特に特に!!2人目産んだ後。2人目を産んだ後からいよいよ育児本番という感じですね。

女は変わる その1:子どもを虐待する気持ちが分かるようになる

私が大学生のころ、あるお母さんに会いました。虐待のニュースを話していて
「子どもを虐待する気持ち、分かるわぁ」
と言った彼女の言葉にあの時はひきました。

私の母は、私や弟を殴るなんてことはまずしなかったらしいです。なので、「えー虐待なんてあり得ないでしょー」って思っていました。

今はすごく分かります。私は女子2人を育児中ですが、元気すぎる男の子何人か育てていたら、クレヨンしんちゃんのみさえのげんこつ飛び放題だと思います!

家の場合、上の子がふざけて下の子の頭を「それーそれー」とキックしたり、マウントしたりが続くと、虐待とまではいかないけどやめなさい!!おりゃー!!お尻ペーン!してしまいます。

びえー!!と泣いた(ふ)りするけど、もう知るかって感じですよね。とにかく上がイタズラ娘なのです。

私自身は小さいころ非常に大人しく、親が手を出す必要なんてなかったらしいのですが、私の長女はとても活発で、何をすると私が怒るか心得ていて、怒るその反応を楽しんでいる天邪鬼なところがあります。

だから怒ったらいけないような気がするけど、下の子が立て続けに暴力を受けていて、何も言わないわけにはいきませんー!なかなか育児は難しいです。

(ちなみに下の子をとても可愛がっている時も多いです。イタズラ娘だけど基本的に優しい子だと信じています♪)

都会の狭いアパートで、両実家頼れずワンオペ育児していたら、まあもう虐待ニュースとか氷山の一角でかなりあるんじゃないかと思いますよね。独身の人には実家の近くで婚活するといいよとマジで伝えたいところです。

泣きながら、疲れ果てて、孤独に頑張っているお母さんがどれだけたくさんいるだろうと思います。

完璧なお母さんなんかいない。子どもは怒られようがたくましい(そしてまた懲りずにイタズラをする笑)。夜寝る前に「大好きだよ、今日もにこにこ元気でありがとう」と言える、それだけでまぁもうとりあえずOKと思い、なんとかなんとか今を生きているのですよ。

女は変わる その2:旦那さんに対する気持ちが変わる

子ども産んだら旦那さんに対する気持ち変わるんですかね?と、前七田の犬飼先生に聞いたら、「変わるね。あっちいって!!って感じになる」と聞いていて、「へー?」と思ってたけどこれも今すごく分かる。

主人の休日とか、ね、休みに休みたいのは分かるけど、子どもが二人いるから休めないのです。いつだって育児スイッチONで子どもの世話を常に考えている身としては、休日に自分の時間は必ず持てるもんだと思ってもらわれると、きついものがありますね。

お風呂とか歯磨きとか自分のいろんなことさっさとしろぉー!!と思います。休みだからと自分のことをまったりされるとやたら腹立ってくるんですよね。あるあるですかね?

猛暑の夜とかふざけてくっついてこられると、とりあえず暑いマジヤメロと蹴りとばします。

産後クライシスで多くの人が離婚するのも分かります。

朝にごみ捨てから味噌汁作りから風呂掃除からやってくれる主人だから、なんとかやっていけるだけで。私は夜間授乳で三時間続けて寝れればラッキーで朝には体力消耗して撃沈しています。小学生でもできるこれくらいのことは朝やってくれないと本当に回らないです。

子ども産んだら鬼ババ化、もとい強くなるのは分かります。毎日がサバイバル!

余裕がなくて今回イラスト色塗りなしです笑

余裕のない生活の中で、ちゃんとお母さんできていないんじゃないか、奥さんできていないんじゃないか、そんな不安を常々持ちながらやっているのは、みんな一緒じゃないかなって思います。

子どもは変わっていく、子育ての大変な時期はいつか終了する。そう思って、自分で自分を励ましていくのみです。夜とか一人で誰も見ていないかもしれないけど、誰にも認めてもらえないけれど、毎日必死なのは神様と自分が見ている。ね。

なんかひどいこと書いた気もするけど、家族のことが一番大好きです。
子どもたちはなんだかんだ可愛く、主人にもいてもらわないと困る。

しっちゃかめっちゃかの年子育児、すごくかけがえのない経験に、家族に感謝です!

お母さんたちの育児が少しでも楽しいものでありますように!

読んで頂きありがとうございました。

今後もブログの情報を受け取りたい方は、是非へるしぃどんどこらいふのfacebookページにいいね!を頂けると嬉しく思います。更新情報が受け取れます。

この記事を書いている人のプロフィールはこちら→プロフィール

育児・健康のお役立ち情報満載!
(特に夜泣き改善・西原式育児・おまけ役立ち集・岐阜の身体に優しいスポット)
へるしぃどんどこらいふの目次はこちら

スポンサーリンク
アドセンス広告大




アドセンス広告大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする