次女との授乳の思い出

こんにちは。かめです。

もうすぐ2歳になる次女の断乳する予定です。徐々に授乳回数を減らしていこうと思うんですが、気づくと日中もにこにこしながら私の足にまたがっていて、無事に断乳できるか心配です。

母も寂しい断乳ですね。

忘れないうちに授乳の思い出を綴っておこうと思います。

長女は授乳がきつく感じすぎて7カ月で断乳してしまったんですが、次女は授乳が楽しいと思える余裕もあり、授乳が楽にできる方法をいろいろと経験で身についたこともあり、まぁまぁ長く授乳してきました。

次女はとにかく全然噛まない子でした。

歯が生える時はちょっと擦れたり、風邪気味の時は乳首吸いすぎで擦れたりとかはありましたが、本当に噛まずに大切に吸ってくれたおかげで、楽しいと思える授乳でした。

寝かせつけの時にごろーんと私が横になると、嬉しくてだかだかっと走り寄ってきて私にいそいそ添い寝してちゅっちゅと吸って寝ていく…

ご飯が終わった後、欲しがって、私にまたがって、ぼんぼん身体を揺らしながらにっこにこで長女や周りの人を誇らしげに見る。(私おっぱい今から飲むの~♡いいでしょ~♡)ってな感じで。

それをみて長女もなんか嬉しそうに、「おっぱいだよ~おっぱいおっぱい~♡」と顔を寄せてくる。長女は吸うことはありませんでしたが、ちょっと最初の頃は吸いたがった時もありました。

私が覗きこむとちらっと私を見て、嬉しくてちゅっちゅ♡小さな腕で私の腰に手をまわしてぎゅぅって力込めて抱き着いてきて、それはそれは幸せな時間でした。(←こういうの、子どもが大きくなってから読んだら、あの時は幸せな時間だったなぁって思うんだろうなぁ…)

私が授乳中にふんっ!てっ鼻から息出すと、真似してふんっ!てやってました。

終わった後「おっぱいおいしー♡♡」って満面の笑みで言ってもらえるのも、長期授乳の成果ですね♪

勿論辛い時もありました。やっぱり風邪気味の時はとにかく夜間数時間おきに欲しがって欲しがって辛かったです。寝不足で。冬は寒いし。食べても食べてもなかなか追いつかず、めっちゃカリカリに痩せてしまって、座るとき骨盤の骨が椅子に当たって痛い。

一回だけ乳腺炎気味になりました。やっぱり食事に気を付けていたからか、頻繁ではなかったです。この食事に気を付けるのもなかなかね、授乳中気を遣うポイントですよね。

特に男性には分からない、夜間授乳の辛さ!これが割と楽に乗り切れる方法を知ってから、授乳が楽になりました。近々書きます。

断乳して月日も過ぎればおっぱいを毎日あげていた記憶もきっと薄れてしまうだろうと思い、綴っておきました。

写真は朝早くブログを書いていたら泣きながら起きてきて授乳しちゃった後私の腕の中でまた寝ちゃった次女です。はーかわいい♡♡断乳寂しいぞぉ~!しかしこれ以上は痩せられな~い!

そんな次女との幸せな授乳の思い出でした♪たくさんの愛を、幸せな時間をありがとう。

夜間授乳が楽になる方法も綴りました↓

夜間授乳しまくった後でも、朝がラクに起きられる効果テキメンな食事

読んで頂きありがとうございました。

今後もブログの情報を受け取りたい方は、是非へるしぃどんどこらいふのfacebookページにいいね!を頂けると嬉しく思います。更新情報が受け取れます。

この記事を書いている人のプロフィールはこちら→プロフィール

育児・健康のお役立ち情報満載!
(特に夜泣き改善・西原式育児・おまけ役立ち集・岐阜の身体に優しいスポット)
へるしぃどんどこらいふの目次はこちら

スポンサーリンク
アドセンス広告大




アドセンス広告大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする