夜間授乳しまくった後でも、朝がラクに起きられる効果テキメンな食事

気持ちのいい子育て

こんばんは!かめです。

今日は辛い夜間授乳が楽になる方法についてです。
夜間授乳、頻繁すぎると朝起きるのが辛いですよね、、!

も、もう駄目だ・・・と、とにかく布団にへばりついていたいこの感じ。吸い取られて骨と皮だけになりそうです。

また育児の1日が始まる、、とよっこらしょと身体を起こし疲れから迎える朝。これは本当になかなか大変な日々です。

私は非常に朝が辛かったのですが、藤川理論を勉強して楽に起きられるようになりました。

自分の経験から夜間授乳しても、朝楽に起きれた方法をちょっと書いてみます。

朝が辛い方の参考になりますように!

スポンサーリンク

寝る前に、目玉焼きを2個食べる

おっぱいは血からできているので、血のもとになるのはやはりタンパク質!
2つも!?と思われるかもしれませんが、試しに寝る前に食べてみてください。

なんか疲れがすごい時は是非2個作って食べてみてください(*^^*)

経験からこれをすると、必ず朝起きるのがあれ?!とっても楽です♫

鉄分を摂る

血を作るのに不可欠なのが、必須ミネラルの鉄分です。

とても大切な栄養なので太字&でか字で書きました。

鉄分を摂取するために必要な食品って何を思い浮かべますか?

鉄分その1:非ヘム鉄

ほうれん草を思い浮かべたあなた!
→ほうれん草には非ヘム鉄が含まれますが、この植物性非ヘム鉄の吸収率は1ー5%

あんまり吸収されないんですね。

菜食主義の人で、「ホウレンソウ頑張って取っています」という人でも、ホウレンソウなど野菜からはほとんど鉄分は摂れないそうです。

鉄分その2:ヘム鉄

そしてレバーを思い浮かべたあなた!
動物性ヘム鉄の吸収率は10-20%と非ヘム鉄に比べると高いです。
鳥レバー、豚レバー、また亜鉛も含まれている貝類を晩御飯に入れて食べるといいです(*^^*)

レバーばっかり食べられない方にサプリメントも、私は心からおすすめします。

鉄分その3:キレート鉄

日本のサプリメントはキレート加工されていない錠剤が主流なんですが、「キレート加工」されてる鉄だとミネラルの吸収が格段にアップし、鉄の吸収率が良いです。

更に鉄剤で胃痛をもよおした経験がある方もいらっしゃると思うんですが、キレート鉄は胃痛になりにくいです。

アメリカではキレート鉄が主流とか。

普通の生活をしているとなかなか鉄が取れなくて鉄不足で貧血気味になるので、欧米ではパンなどに鉄が添加されているそうですが、日本ではまだ対策されていなくて貧血の人は多いです。

鉄分入りチーズを私はよく購入しますが、キレート鉄のサプリも飲みます。このサプリのおかげでかなり朝が楽!

お値段も393円+送料とそんなにしないです。ただ海外からの取り寄せなので配達までに時間がかかります。

そしてもう一つ覚えておいて頂きたいのが、鉄分はタンパク質と一緒に摂って効果があるので、タンパク質もしっかり摂った上で鉄分を摂って下さい。

ヘモグロビンは鉄(ヘム)とたんぱく質(グロビン)が結合してできています。

なので血を作るにはタンパク質をしっかりとることが大事なんですね。

朝すっと起きたい、授乳中の方にはおすすめです(*^^*)

他PMSで悩まされている方、寝起きの悪い子、低血圧の方も血が足りていない証拠なので、そんな方々にもおすすめです。

サプリの効果はバカにならないですよ。人にとって、また特に授乳中のお母さんにとって大変重要なミネラル鉄分!是非試してみてください。効果テキメンです〜☆


お母さんたちが楽しい授乳ライフを送れますように!
読んで頂きありがとうございました。

今後もブログの情報を受け取りたい方は、是非へるしぃどんどこらいふのfacebookページにいいね!を頂けると嬉しく思います。更新情報が受け取れます。

この記事を書いている人のプロフィールはこちら→プロフィール

育児・健康のお役立ち情報満載!
(特に夜泣き改善・西原式育児・おまけ役立ち集・岐阜の身体に優しいスポット)
へるしぃどんどこらいふの目次はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました