外観は敷居高いけど実はとっても家庭的!可児市兼山の蘭丸亭

こんにちは!かめです。

お盆休みに、私の父に娘を預けて、可児市兼山の蘭丸亭さんに主人とランチしてきました!

思えば娘が産まれてから1年以上2人きりの時間なんてなかったです。

誰からも邪魔されず、本当にまったりできました。父に感謝です。

今回はこの蘭丸亭さんをどうしてもご紹介したくて記事にしました!

兼山町 道

兼山の細い道~私はこの細い道が好きです。寄ったり譲り合いしながらゆっくり進んで、なんだか思いやりが感じらる道なのです。

蘭丸亭さんは、私の店のお客さんから紹介されました。

私は蘭丸亭さん知ってはいましたが、ご覧の通り敷居が高そうで入りづらく、入ろうと思えなかったです。

蘭丸亭 外観

お客さんのおすすめだし、近いし一度行ってみよう、どんな高い料理かしら~と、初めての時は5000円握りしめて行きました。

ところがどっこい、全部ランチメニューは1000円~1200円!

そうと知った時の私の安心感ったら!(笑)

ランチを頂いて以来、私の店、酵素風呂で「近くで野菜がたくさん食べれるお店はどこ?」と聞かれたら「蘭丸亭さんです!」

と答えるようにしています。

それではランチをご紹介~🎵

おばちゃん店員さんが「お盆休みは雨ばっかりですね~孫をゲームセンター連れていったらすごく大勢で!」とわちゃわちゃ話しかけてくれます。

とっても家庭的な感じ。

まず前菜。全て手づくりであったかい!

蘭丸亭 前菜

そしてこちらは主人が頼んだ蘭丸亭のメインのランチ野戦鍋です。

蘭丸亭 野戦鍋

ゴマがいっぱいかかっててヘルシー!

この野戦鍋の鍋、昔から使われている葉っぱの形の鍋だそうで、今はなかなか売ってないそうです。あまり見かけないし、珍しいですよね!

兼山は、森蘭丸で有名な町です。武士達のご飯を想起させる歴史にちなんだメニューです。

お肉は肉の御嵩屋さんのお肉だそうで安心!いつか肉の御嵩屋さんについてもご紹介します。

私が頼んだのは豆腐とろろ鍋。

蘭丸亭 豆腐とろろ鍋

蘭丸亭 豆腐とろろ鍋 まぜまぜ

おばちゃん店員さんが、火をつけてくれて、アツアツになった頃、蓋を開けてぐるぐるかき混ぜてくれました。美味しかったです~。

漬物も美味しいです。市販の漬物ちょんと乗せてくる店、田舎では結構多いですが、自家製の漬物はやっぱり味が優しいですね。

最後にちゃんとコーヒーまでついて1000円。これで1000円なら安いですね!

コーヒー蘭丸亭

あとこちら↓は別の日に頼んだ長芋お好み焼き鍋です♪

蘭丸亭 長いもお好み焼き

My箸運動が流行った時に蘭丸亭さんも便乗されたそうで、My箸を持ってくるとデザートをサービス☆してくださいます♪

蘭丸亭 My箸

そして蘭丸亭の店主の中江さんは、とってもいい感じの好青年さんですと、こっそりお知らせしておきます♪

優しくて柔和な感じの中江さん、お客さんといろいろ話すのが好きそうで、忙しくなければあれこれあれこれお話してくれます。

店主さんこの方。こちらは兼山蘭丸武者行列Facebookページからの写真です。

蘭丸亭 ゆず胡椒鍋

ゆず小姓鍋は今は時期的にやっていないそうですが、30年物の自家製梅酒!気になりますね~!

お客さんには特別説明はしないけど、実はこだわっていることってありますか?」

と店主さんに独占インタビューさせて頂きました!

基本的に全部手作りです。お弁当には出来合いのものを使わせて頂くこともありますが…まぁでも基本的に全部手作りです!」

ランチで出来合いのものは見たことないですね。漬物から何から全て手作りって田舎のランチでは案外少ない気がします。

「野戦鍋の玉ねぎは北海道産ではなく、淡路島産の玉ねぎを使っています。淡路島産の方が、野戦鍋には合うんですよ。

あと野戦鍋はおばあちゃんが考案した料理で、歴史が長いです。牛肉を使ってみたりもしましたが、豚肉バラ肉が合うので豚バラ肉でご提供しています。」

なんと玉ねぎの産地によって味が違うんだとか!初耳です!下記のような情報があったので載せておきます。

淡路島たまねぎは、収獲後に玉ねぎ小屋へ玉ねぎを吊るし、長期保存のために乾燥させます。乾燥時に余分な水分がなくなり甘さが増すともいわれています。

他地域の玉ねぎと比べると、淡路島たまねぎの特徴は「やわらかさ」と「甘さ」と「辛みが少ない」という特長があります。

参考:生産地別玉ねぎの特徴、淡路島玉ねぎは甘くて、やわらかい!/うずのくに

考案する時も、豚か牛かといろいろ研究されたんですね。こだわりが伝わってきます。

「あとは野戦鍋のたれですが、ニンニクが入っているんですが、数年倉庫の中に寝かせてあるのでニンニクの強い香りが出にくいです。」

たれはこだわりの自家製ですね!たれ自体もお店で販売されています。

こだわりが満載で、本当に素晴らしいなと思います。私も勉強になりました。

今現在、可児市は歴史好きにはわくわくするような『戦国宝探し~可児に眠る蘭丸の小太刀~in可児市』というイベントをしていて、それについて話し込みました。

戦国宝探しin可児市

これやってる人います?なかなか考えられたイベントで、ちょっと見ていると解きたくなってしまい、今我が家でゆっくり夫婦で解いています(笑)

蘭丸亭さんからは兼山橋がとっても綺麗に見えて絶景です。

蘭丸亭 兼山橋の景色

↓こちらはその赤い兼山橋から撮った蘭丸亭さん…。見た目敷居が高い!(笑)

蘭丸亭 兼山橋

行ったことないあなたも、是非!実は家庭的な蘭丸亭さんに足を運んで見てください。

また、私がメインで利用させて頂くのランチの他にも、会席料理:3500円~5000円(予算ご相談)や、仕出し弁当のご注文も可能です。

【店舗情報】

店舗名:(有)蘭丸亭なかえ
住所: 〒505-0130 岐阜県可児市兼山1203-2
電話:0574-59-2543
フリーダイヤル:012-012-2543(0574地域に限る)
定休日:毎週水曜日(第3水・木連休)
営業時間:11:00~14:00 17:00~20:00
HP:蘭丸亭 (会席料理・仕出し)

【かめによる勝手な評価】
身体に優しい度 ★★★★★★★★☆☆80%

調味料から何から何まで無農薬オーガニックを謳っているわけではないです。

ですが、畑で取れた野菜を使っての料理、素材にこだわった手づくり感満載の美味しい手料理に心身ともにほっこりします。

お肉も肉の御嵩屋さんということで安心ですね!

こんなにあったかい手料理が1000円で頂けるのはお財布にも優しいです。

たばこは入り口付近に灰皿があり、若干分煙されています。

子連れ・障害者・お年寄りに優しい度 ★★★★★★★★★☆90%

2階に40席くらい座れる座敷があり、ママ友会にもいいんじゃないでしょうか。

蘭丸亭 鉄オタ

←先日伺ったとき、2階が遊んでいるということで、某鉄オタさんの鉄道模型が置いてありました(笑)

土日は法事が入って貸切のことが多いようですが、貸切の時もカウンターに数名なら入れるようです。

段差なんかはありますが、お年寄りの方にも優しい接客雰囲気です。といいますか、お客様のほとんどはお年寄りです。(でも私は若い人にもおすすめしたいのです。)

以上、蘭丸亭さんののご紹介でした。今後も岐阜県の身体に優しいスポットをレポしていきたいと思います。

今後もブログの情報を受け取りたい方は、是非へるしぃどんどこらいふのfacebookページにいいね!を頂けると嬉しく思います。

この記事を書いている人のプロフィールはこちら→プロフィール

育児・健康のお役立ち情報満載!
(特に夜泣き改善・西原式育児・おまけ役立ち集・岐阜の身体に優しいスポット)
へるしぃどんどこらいふの目次はこちら

スポンサーリンク
アドセンス広告大




アドセンス広告大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする