西原式育児で赤ちゃんのアトピーが改善!

前回の記事【徹底検証】西原式育児は危険でトンデモな育児法なのかでは、西原式育児に関する疑問を私なりに整理してみました。

今回の記事では、娘のアトピーが離乳食を止めたことによって改善していったことについて、ご紹介します。

生後1ヵ月からの脂漏性湿疹~生後3ヵ月

この頃は比較的肌が綺麗でした。
ただ生後1~2カ月はおでこ周りや眉毛にできる脂漏性湿疹が気になりました。

脂漏性湿疹

写真ちょっと分かりにくいですが、おでこのあたりぷつぷつがあります。

主人がふやかしてぺりぺり剥がしていたのを思い出します(笑)。

でもすごく気になるほどのことでもなかったです。

他は季節が夏ということで蚊に刺されまくり(泣)、ちょっとほっぺた残念な感じになっていました。↓ほっぺたに蚊に刺された跡が残っています。

蚊 赤ちゃん

まだ手や指をうまく動かすことができない月齢だったので、刺されたところを引っ掻くこともなく済んでよかったと思います。

赤ちゃんって蚊に刺されると治るまでに時間がかかるんですね!この時初めて知りました。

生後4ヵ月~生後6ヵ月 肌がカサカサ&おでこに湿疹

この頃になると脂漏性湿疹は比較的なくなっていき、代わりにほっぺたがカサカサになり、おでこ辺りにブツブツ湿疹ができたりもしました。

赤ちゃん 湿疹

ほっぺたのカサカサはそのままにしておくとよくないらしく、お風呂から上がった後保湿していました。

おでこの湿疹は気になったものの、そこまで酷くはなかったのであまり気にしていませんでした。

生後6ヵ月半~離乳食開始 口周りが荒れる&背中に湿疹

離乳食を開始してから湿疹がさらに酷くなりました。
離乳食の内容は、シラス、蒸した人参、大根、おかゆでした。

離乳食 湿疹

あぁ~なんてかわいそうなのっ!!そんなに悪いものを食べさせていないのに、湿疹が酷くなる…特に写真みたいな感じで口周りが残念な感じでした。酷くなると痒くなって、口のあたりをごしごし~!ってタオルでこするんですよね。

今思えば、やっぱり赤ちゃんの腸に母乳とミルク以外のタンパク質が入り、そのタンパク質に化学物質が結びついていたため、腸からうまく吸収されず消化不良になった化学物質が皮膚に出ていたのだと思います。

寝る間際にかゆみが酷くなるみたいで、寝る間際に痒いのはアトピー性皮膚炎だなと、自分の経験から感じました。

今まで出ていなかった背中にも湿疹が出るようになりました。

離乳食を止めて暫くするとよくなり、でも離乳食を復活させると酷くなり…の繰り返しで、生後8ヵ月の終わりにもう離乳食はやめようと決心しました。

生後9ヵ月~ミルクのみの育児

私は夜泣きが酷くて生後7ヵ月で断乳してしまったので、生後9ヵ月からミルクのみで育児していました。

この月齢でミルクのみで育児している人に私は出会ったことがなく、西原式育児のグループに入っていろいろ情報に助けられながら育児していました。

離乳食をストップさせる以外に気を付けたことを書いていこうと思います。

1.粉ミルクをオーガニックの粉ミルクに変える。

西原先生は日本の粉ミルクは大丈夫ですという見解です。
ですが、私は前回の記事にあるアトピーは化学物質の原因としている話がどうしてもどうしてもど~~しても気になり、粉ミルクを海外のオーガニックのものに変えました。

ちなみにオーガニックの粉ミルク=放射性物質が含まれていない…ではないんですよ。

詳しくはこちらの記事でご紹介しています。→粉ミルクの安全性に疑問を持ち、海外オーガニック粉ミルクに変えた理由

ちなみにミルクではなく、母乳で育児をされているお母さんも多いかと思います。

母乳の場合はアレルゲンとなっている食品…小麦、卵、大豆を除去することで、湿疹がよくなっていった赤ちゃんも多いです。

2.乳酸菌をミルクに加える

腸内細菌がお腹の中で増えてくるとアレルギーが改善されやすい。母乳には腸内細菌は含まれているけれどミルクに腸内細菌は含まれていない…という話が西原式育児のグループ内でありました。

私はばんのう酵母くんという植物性乳酸菌を数滴ミルクに足していました。

3.温かい格好をさせる

身体が冷えているとアレルギーを起こしやすいということで温かい格好をさせました。

冷え取り アトピー

腹巻きどすこい♪春の服装です。

生後7ヵ月くらいではちょっと娘の手足が冷えていたと感じます。

できるだけレッグウォーマー履かせたり、腹巻させたりしました。

2ヵ月くらいたって娘の手足はしっかりあったかくなりました。

4.できるだけ布おむつにする

布おむつ

紙おむつは赤ちゃんの身体を冷やしやすいということで、できるだけ布おむつにしようとしました。粉ミルクもオーガニックにしたため節約しないといけません。

10%布おむつ、90%紙おむつ…だったのを、70%布おむつ、30%紙おむつで頑張りました。

外出する時と、夜寝る時は紙おむつにしました。紙おむつは最近発売されたオーガニックの紙おむつにしました。ムーニーのオーガニック紙おむつは、オーガニックでないのと比べてそんなに値段も違わずにいいですね!

布おむつについてはこちらに詳しく記事を書きました。→赤ちゃんと以心伝心!ゆるりと楽しい布おむつライフ

…とそんないろんな努力の甲斐あって、1歳前に湿疹はめきめきよくなり、口をタオルケットでごしごしこすることも、寝際に頭を引っ掻くこともなくなりました…!!

アトピー 赤ちゃん 改善

つるんとしたお肌にバンザイ!!!

やっぱり赤ちゃんが痒そうで引っ掻いているという状態は、母子ともにと~っても辛いです(泣)。

そういう状況から抜け出すことが無事できて、西原式育児グループで支えてくれた皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

西原式のグループに興味のある方はむしろ台所診療所Facebookページからお問い合わせ下さい。西原式育児のグループ内で私と絡んでやってください(笑)。

このページをご覧になった方は赤ちゃんのアトピーで悩んでいるお母さんが多いと思います。

写真から見ると分かるように、まだ私の娘は軽い方でしたが、全身に湿疹が出ている赤ちゃんも少なくありません。

まず離乳食をあげている場合は、ストップさせる事から始めてみてはいかがでしょうか。

また前回の記事でも書きましたが、ワクチン接種が食物アレルギーの原因になることがあるので、化学物質に反応しやすい赤ちゃんは特に、ワクチンの接種も控えたいところです。

赤ちゃんとお母さんが元気でいられますように。応援しています。

長い記事を読んで頂きありがとうございました。

今後もブログの情報を受け取りたい方は、是非へるしぃどんどこらいふのfacebookページにいいね!をよろしくお願いいたします。

この記事を書いている人のプロフィールはこちら→プロフィール

育児・健康のお役立ち情報満載!
(特に夜泣き改善・西原式育児・おまけ役立ち集・岐阜の身体に優しいスポット)
へるしぃどんどこらいふの目次はこちら

スポンサーリンク
アドセンス広告大




アドセンス広告大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする