泣かせるネントレという対処法

泣かせるネントレ

「泣かせるネントレ」で検索するとたくさんの方が挑戦し、そして成功していることが分かります。

私自身やってみて思うのは、泣かせるネントレはうまくいく場合と、うまくいかない場合がありました。

泣かせるネントレがうまくいった時

寝言泣きのような感じで3~5分くらい泣くと寝ていく場合がありました。

家の場合は、泣き声が弱々しい時はとりあえず様子を見ました。5分くらい(5分でも母にとっては長く感じますが汗)泣いて寝ていくときはそれでOK。

ちょっと泣いただけで寝ていくとき、そういう時にあんまり親が介入すると気が散ってよく寝れないこともあります。

そういう時はビニール袋カシャカシャ音のアプリだけそっと流すとよく寝たりしました。
無料アプリのSmiRing♪(itune /Android) オススメです!

段々ヒートアップになったら下記のように対処するようにしていました。

泣かせるネントレがうまくいかなかった時

一度泣かせるネントレでうまくいくはずだ!と泣かせ続けてしまったことがありました。その時は…うちは2時間泣きました。

泣き続けたというより、あ、泣き疲れてもう寝るかな~…と思いきや!また泣き出し…よしよし疲れて今度こそ寝れるかな…と思ったらまた泣き出してしまう…という感じで2時間過ぎ、結局授乳しました。

それ以降は長時間泣かせ続けることはしていません。30分泣かせて、寝ない場合は授乳などの対処をした方がいいかなと思います。

夜泣きした後すぐに寝て、その後もよく寝た対処法はこちら
夜泣きが激しすぎるときの対処法はこちら

とにかく体力があるのかヒートアップしたら娘はかなりでかい声で長いこと泣き続けるんですよ。授乳したらとりあえず落ち着きますからね。で、上記リンク先の対処法の内容になりますが、小児はりしてビニール袋のカシャカシャ音で寝ていきました。

☆夜泣き対策の全体に関する記事はこちら
☆夜泣き以外にもお役立ち情報満載!このサイトの目次はこちら

夜泣きっ子を持つお母さんが少しでも長く眠れますように。応援しています!

スポンサーリンク
アドセンス広告大




アドセンス広告大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする